腐らないリンゴの幹細胞からつくった化粧品って効果があるの?

4ヵ月間腐らないリンゴ(ウトビラー・スパトラウバー)がスイスに存在しています。

さんまさんの「ホンマでっか!?TV」で紹介されていました。

長期保存できるように品種改良されたリンゴですが、世界に20本しかありません。

リンゴそのものは入手できませんが、リンゴの幹細胞を抽出して、培養したものを化粧品の原料としてつかっています。

リンゴの幹細胞をつかった化粧品には次のような効果が期待できます。

・ターンオーバーを正常にする

・乾燥による小ジワを目立たなくする

・肌にハリを与える

・肌細胞の老化を遅らせる

・水分を保持する力を向上させる

特に、表情じわを減らす効果があることが実証されています。

ただ、リンゴの幹細胞をつかった化粧品は、大手化粧品会社は販売していないと思います。

そんな中で、スキンフェアリーという化粧品が人気を集めています。

スキンフェアリーには、リンゴ果実培養細胞エキスの他に、プラセンタ、スクワラン、コラーゲン、ヒアルロン酸といった、美白、乾燥、保湿、ハリをサポートする成分が配合されています。

これだけ有名な成分が配合されていれば、値段は高くなります。

通常価格で9,240円です。しかし、定期購入にすれば、初回から2,380円でずっと購入することができます。

ずっと値段が低下の3分の1になるなんて、考えられませんね。

しかし、アンチエイジングにおすすめの化粧品です。