青グマの効果的なケア

目の下のクマは次の3つに分類されます。

・青グマ(青クマ)
・茶グマ(茶クマ)
・黒グマ(黒クマ)

今回は青クマの効果的なケアについてお話します。

青グマは、目のまわりの血行が悪くなり、血液の流れが停滞(うっ帯)すると、血液が皮膚を通して(透けて)青っぽく見えるものです。

疲労が大きな原因で、色白な人やもともと皮膚が薄い人は目立ちやすいです。

加齢によっても皮膚が薄くなるので、目立ちやすくなります。

目の下の皮膚を軽く引っぱると青グマは薄くなります。

また、鏡を見ながら顔を上へ向けても薄くならないのが、青グマの特徴です。

<青グマの効果的なケアについて>
血液の流れが停滞しているわけですから、血液の循環をよくすることを一番に心がける必要があります。

軽い運動をすることや体を冷やさないことで、血液の循環がよくなることがあります。

血液の循環がよくなることで、肌内部のコラーゲンが生成されやすくなり、目の下の皮膚がふっくらすれば、青グマは目立たなくなります。

外からのアプローチとしては、ビタミンCを補給します。

ビタミンCは、コラーゲンの生成を助けたりする万能成分です。

ただし、ビタミンCそのままでは肌に浸透しにくいので、ビタミンC誘導体が配合された化粧品を使います。

ビタミンC誘導体以外ではレチノールが有効です。

レチノールはビタミンAの一種で、ターンオーバーを促し、肌内部でコラーゲンの生成を助けます。

古い角質が皮膚からはがれずに厚くなっていると、美容成分が浸透しませんので、月に1、2度のピーリングをおすすめします。

アイキララなどのアイクリームを使用することで、青グマが改善することがありますが、アイクリームと肌との相性があります。

相性のあったアイクリームを見つけるのに費用がかかるのが現実です。

アイキララは比較的値段が安いですが、高いものだと2万円以上しています。

絶対やってはいけないのがマッサージです。

血行をよくするためにマッサージを思いつきますが。

刺激によって今度は茶グマになってしまう可能性があります。

目の下をこする癖がある人は要注意です。