お肌の乾燥の原因について確認してみた

お肌の一番外層には角質層があり、雑菌や強い紫外線、摩擦などから素肌を守ったり、カラダの内側から水気などが出て行くのを防止したりする役目を果たしています。

この角質層は、ケラチンというタンパク質、セラミドなどの細胞間脂質、アミノ酸や尿素などで構成される自然保湿因子(NMF)などで形成され、実際は20%前後の水分を含んでいます。また、皮脂膜という保護膜が角質をカサカサから防護していて、肌の保湿や、潤いの感じられるハリがキープされているのです。 肌が潤いがなくなっている状態とは、この角質層のうるおい感が少なくなり、皮脂の分泌も減少して、角質層が不均一でスカスカになっている実態にあります。とりわけ乾きしやすいのは、目のあたり、ほお、唇やその周りなど。 素肌が乾燥してしまう要因は、大きく二つに分類されます。細かく分けていくと、大気の乾燥、加齢が要因の変化、誤った肌のお手入れ、冷えによる皮膚の血の流れ量の弱化などさまざまです。
お肌が乾燥してしまうと炎症を起こしやすくなり、さまざまな肌トラブルを引き起こしやすくなります。乾燥対策には専用の美容液によるケアが有効です。なかでもブライトエイジ 効果が高いと評判です。